Bilingual Certified Labor and Social Security Lawyer              英文就業規則・英文社内諸規則・英文雇用契約書ならおまかせください
lmconsul
HomeBlogProfileFAQContactEnglish Site Map Privacy Policy
Main Menu
就業規則
労務相談
労働・社会保険手続
英語サイトリンク
退職金制度
事務所概要
スタッフ紹介


バックナンバー
受付は
終了いたしました
英語による労働法制セミナーのご案内
「英語で学ぶ日本の労働法制セミナー」       日本における、解雇に伴うリスク、残業時間の問題を知る
2006年12月7日(木)
午後2時から午後5時
詳細はこちらです
English here

就業規則無料診断
好評につき期間延長
御社の就業規則を無料で診断いたします。



定年制度・雇用延長制度の見直しはお済みですか?
改正高年齢者雇用安定法は、2006年4月より施行されています。


個人情報保護法対策はお済みですか!


就業規則に関するよくあるQ&A


日英就業規則用語集をプレゼント。


士業リンクページです

You are here: Home >助成金

助成金・給付金について

公的助成金制度の利用

公的助成金とは、企業や個人事業の積極的な取組みに対し、国や省庁等が行う金銭給付による支援制度をいいます。例えば、「雇入れ」、「雇用維持」、「教育訓練・職業訓練」、「新規性の高い技術・研究開発」、「新商品・新サービスの提供」、「経営革新のための取組み」等を行ったときに、助成金制度を活用することができます。

公的助成金は、主なものとして次のような制度があります。

  1. 厚生労働省及びその関連機関が実施する助成金    (人件費助成、教育訓練費用助成、雇用環境設備費用助成、雇用調整助成金、 中小企業緊急雇用安定助成金 等)    
  2. 経済産業省及びその関連機関等が実施する助成金    (創造的な技術・研究開発、経営革新への取組み等に要する費用の助成)
  3. 総務省及びその関連機関が実施する助成金    (主として企業のIT化、IT技術の開発、IT環境の整備等に要する費用の助成)
  4. 都道府県、市区町村等の独自助成金    (地域産業の振興を目的とする)

上記のうち2、3、4(4のうち「技術・研究開発系の助成金」)は、助成金額が比較的高額であることと、申請企業数に対して助成金交付企業数が少ない高倍率の助成金であることが特徴です。このような助成金を獲得するには、事業内容が優れていることは勿論、申請書類に魅力ある事業内容であることを効果的にアピールすることが重要となります。

 中小企業緊急雇用安定助成金について 

世界的な金融危機や景気の変動などの経済上の理由による企業収益の悪化から、生産量(売上高)が減少し、事業活動の縮小を余儀なくされた中小企業事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部が助成されます。
従業員を解雇すると、社会全体としての雇用不安が増大し、いっそうの景気悪化につながることから、出来る限り、公的な援助のもとに、雇用を維持することが懸命なやり方です。
解雇に踏み切るよりも、当面は休業で乗り切れないかを検討することをお勧めいたします。
ご興味のある事業主の方は、お早めにお問い合わせください。


中小企業緊急雇用安定助成金 参考リンク

厚生労働省の雇用調整助成金関連ページへのリンク
(リーフレット、FAQ、各種申請書などがダウンロードできます)

愛知労働局の雇用調整助成金関連ページへのリンク
(ガイドブック、リーフレット、各種申請書 記入例などがダウンロードできます)

愛知労働局の動画での解説ページのリンク
(支給要件、提出書類、休業協定書、残業実績申立書などの書き方を動画で説明しています。)


 派遣労働者雇用安定化特別奨励金 

  1. 6か月を超える期間継続して労働者派遣を受け入れていた業務に、派遣労働者を無期または6か月以上の有期(更新有の場合に限ります。)で直接雇い入れる場合。
  2. 労働者派遣の期間が終了する前に派遣労働者を直接雇い入れる場合。

のいずれにも該当する場合、特別奨励金が支給されます 

実施期間は平成21年2月6日から平成24年3月31日までです。

派遣労働者雇用安定化特別奨励金のリーフレット(東京労働局)

派遣労働者雇用安定化特別奨励金の支給要件の案内(厚生労働省)




以上のように助成金・給付金は多岐にわたり、獲得まで若干の時間もかかりますが、当事務所では、そのつどご依頼ベースで対応させていただいております。



助成金 Page Topへ

倉田国際労務管理事務所
〒143-0021 東京都大田区北馬込二丁目28−15−307
TEL 03-6429-7435 FAX 03-6429-7437
ご連絡・お問い合わせはこちら
Copyright © 2004-2010 Kurata International Labor Management Consulting.
All Rights Reserved.