Bilingual Certified Labor and Social Security Lawyer           英文就業規則・英文社内諸規則・英文雇用契約書ならおまかせください
lmconsul
HomeBlogProfileFAQContactEnglish Site Map Privacy Policy
Main Menu
就業規則
労務相談
労働・社会保険手続
英語サイトリンク
退職金制度
事務所概要
スタッフ紹介


バックナンバー
受付は
終了いたしました
英語による労働法制セミナーのご案内
「英語で学ぶ日本の労働法制セミナー」       日本における、解雇に伴うリスク、残業時間の問題を知る
2006年12月7日(木)
午後2時から午後5時
詳細はこちらです
English here

就業規則無料診断
好評につき期間延長
御社の就業規則を無料で診断いたします。



定年制度・雇用延長制度の見直しはお済みですか?
改正高年齢者雇用安定法は、2006年4月より施行されています。


個人情報保護法対策はお済みですか!


就業規則に関するよくあるQ&A


日英就業規則用語集をプレゼント。


士業リンクページです

 企業競争に勝つ就業規則とは 

  1. 就業規則の成熟度  
  2. 企業競争に勝つ就業規則
就業規則の成熟度

「成熟度レベル」という言葉は、経営組織の発展段階についての管理レベルをあらわすためによく使われますが、ここでは就業規則がある企業においてどういう状態(管理レベル)にあるかを就業規則の「成熟度レベル」と呼ぶことにします。

レベル1: レベル2に到達していない組織のレベル  就業規則そのものがない。あるいはあっても数年間以上メンテナンスされておらず、従業員もほとんど見たことがないという状態
レベル2: 基本的なメンテナンスはされており、従業員もその存在は意識しているがいるが、リスクに対応しておらず、潜在的な労使紛争の危険性をはらんでいる。
レベル3: 一応リスク対応型になっており、突発的な労働紛争にも対応できることが多い。ただ、従業員の日常意識にまでは浸透していない。
レベル4: レベル4: レベル3に加え、就業規則に会社の理念、ビジョンが謳われており、従業員も常にそのビジョンを意識し、その実現に向け実践している。
レベル5: レベル4に加え、就業規則にビジョンにいたる戦略としての従業員の行動指針が謳われており、、常に実践されている。 また、常に見直し・改善が行われており、会社のビジョンと戦略に常に対応している。



上記のようにある組織において就業規則が現在どのような状態にあるかはまちまちで、現状を分析し、段階的に、時間をかけて、上位のレベルを目指していかねばなりません
特に従業員の意識を変えていくことには時間がかかります。

企業競争に勝つ就業規則

上記のように、理想的な就業規則とは、単に法令に準拠し、企業をリスクから「防衛」するのみでなく、常に、従業員のモラールアップを図り、日常行動を「企業のビジョンと戦略」の実現のために導いていけるものでなければなりません。これが「競争に勝つ就業規則」のあり方なのです。
当事務所では、このような、より高い成熟度を目指した「競争に勝つ就業規則」の作成をお手伝いさせていただきます。





倉田国際労務管理事務所
〒143-0021 東京都大田区北馬込二丁目28−15−307
TEL 03-6429-7435 FAX 03-6429-7437
ご連絡・お問い合わせはこちら

Copyright © 2004-2010 Kurata International Labor Management Consulting.
All Rights Reserved.