Bilingual Certified Labor and Social Security Lawyer           英文就業規則・英文社内諸規則・英文雇用契約書ならおまかせください
lmconsul
HomeBlogProfileFAQContactEnglish Site Map Privacy Policy
Main Menu
就業規則
労務相談
労働・社会保険手続
英語サイトリンク
退職金制度
事務所概要
スタッフ紹介


バックナンバー
受付は
終了いたしました
英語による労働法制セミナーのご案内
「英語で学ぶ日本の労働法制セミナー」       日本における、解雇に伴うリスク、残業時間の問題を知る
2006年12月7日(木)
午後2時から午後5時
詳細はこちらです
English here

就業規則無料診断
好評につき期間延長
御社の就業規則を無料で診断いたします。



定年制度・雇用延長制度の見直しはお済みですか?
改正高年齢者雇用安定法は、2006年4月より施行されています。


個人情報保護法対策はお済みですか!


就業規則に関するよくあるQ&A


日英就業規則用語集をプレゼント。


士業リンクページです

労働法・民法の考え方


就業規則は労働者の労働条件を規程するもので、多数の法令が関係してきます。労働法はもちろん、民法、商法なども忘れることはできません。ざっと見ただけでも以下にあげる法令などが関係してきます。

  • 労働基準法
  • 労働安全衛生法
  • 男女雇用機会均等法(略称)
  • 育児・介護休業法(略称)
  • 高年齢者雇用安定法
  • 障害者雇用促進法
  • 最低賃金法
  • 賃金支払確保法
  • 短時間労働者雇用管理改善法
  • 労働者派遣法(略称)
  • 職業安定法
  • 労働組合法
  • 労働関係調整法
  • 労働契約承継法
  • 民法
  • 商法
  • 身元保証に関する法律
  • 賃金の支払いの確保等に関する法律
  • 不正競争防止法
  • 個人情報保護法

中でも意外なのが、民法です。企業や組織体で「働く」場合、「労働者」と「使用者」の間では「労働契約」が締結されます。この労働「契約」については労働法の観点からさまざまな規制がかけられますが、基本は民法でいうところの「契約」にほかなりません。 たとえば入社なら「契約」の締結、退職、解雇なら契約の「解除」として位置づけられるのです。

もうひとつ忘れてならないのが「判例」です。

わが国では、上記にあげたような「成文法」だけでなく、裁判所が下す「判例」も重要な役目を果たします。 たとえば、「採用内定」というのはよく使われる手法ですが、労働法上は明文化された規定がなく、採用内定について争いがあった場合は「判例」がその解決に重要な役割を果たします。

当事務所では、最新の判例を考慮に入れた規則を作成いたします。



倉田国際労務管理事務所
〒143-0021 東京都大田区北馬込二丁目28−15−307
TEL 03-6429-7435 FAX 03-6429-7437
ご連絡・お問い合わせはこちら
Copyright © 2004-2010 Kurata International Labor Management Consulting.
All Rights Reserved.