Bilingual Certified Labor and Social Security Lawyer           英文就業規則・英文社内諸規則・英文雇用契約書ならおまかせください
lmconsul
HomeBlogProfileFAQContactEnglish Site Map Privacy Policy
Main Menu

バックナンバー
受付は
終了いたしました
英語による労働法制セミナーのご案内
「英語で学ぶ日本の労働法制セミナー」       日本における、解雇に伴うリスク、残業時間の問題を知る
2006年12月7日(木)
午後2時から午後5時
詳細はこちらです
English here

就業規則無料診断
好評につき期間延長
御社の就業規則を無料で診断いたします。



定年制度・雇用延長制度の見直しはお済みですか?
改正高年齢者雇用安定法は、2006年4月より施行されています。


個人情報保護法対策はお済みですか!


就業規則に関するよくあるQ&A


日英就業規則用語集をプレゼント。


士業リンクページです

欠陥就業規則の抱えるリスクとは!

解雇に関するトラブル
  • 最もトラブルの多いのは解雇に関するトラブルでしょう。 今回の労働基準法の改正では非常に大きな変化がありました。それが「解雇ルールの法制化」ということで、「解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効とする」という条文が入りました。これは従前の判例を積み上げて「解雇権の濫用法理」を明文化したものです。今後の実務上の対応としては、解雇の事由を就業規則に明記する、ということが必要です。  社内に問題社員がいてどうしても解雇したい場合、就業規則に定めが無い理由での解雇は行なえないと考えておいた方が良いでしょう。  解雇事由の規定は、行政の提供する通常のモデル規定などでは圧倒的に足りないと言わざるを得ません。考えられるすべてのケースをリストし、詳細に規定しましょう。

残業手当支給に関するトラブル
  • 最近増えているのが、残業手当支給に関するトラブルです。労基署の臨検を受け、巨額の残業手当てを遡って支払うことになった企業が報道されています。このような場合、就業規則に「残業時間としてカウントできる条件」を規定しておかないと労基署の監督官は、タイムカードの端数の時間も含めすべてを労働時間と捉え、これに対する割増賃金の支払いを求めてくることがあります。「残業時間」の意味、カウント方法を労使でよく理解し、就業規則に明確に定めておくことが必要です。







倉田国際労務管理事務所
〒143-0021 東京都大田区北馬込二丁目28−15−307
TEL 03-6429-7435 FAX 03-6429-7437
ご連絡・お問い合わせはこちら
Copyright © 2004-2010 Kurata International Labor Management Consulting.
All Rights Reserved.