Bilingual Certified Labor and Social Security Lawyer           英文就業規則・英文社内諸規則・英文雇用契約書ならおまかせください
lmconsul
HomeBlogProfileFAQContactEnglish Site Map Privacy Policy
Main Menu
就業規則
労務相談
労働・社会保険手続
英語サイトリンク
退職金制度
事務所概要
スタッフ紹介





パートタイム労働法が改正されました

パートタイマー就業規則を作成しましょう


<セミナーのお知らせ>
高年齢者雇用安定法改正直前対策
2006年1月24日(火)
午後3時から午後5時
詳細はこちらです

受付は
終了いたしました

就業規則無料診断
好評につき期間延長
御社の就業規則を無料で診断いたします。

「英語と日本語で同時に学ぶ労働基準法」
(若松絵里
社労士事務所発行)
購読・解除はこちら

バックナンバー



定年制度・雇用延長制度の見直しはお済みですか?
改正高年齢者雇用安定法は、2006年4月より施行されています。


個人情報保護法対策はお済みですか!


就業規則に関するよくあるQ&A


日英就業規則用語集をプレゼント。


士業リンクページです

退職金制度

退職金制度の抱える問題点

  1. バブル景気崩壊後の景気低迷と金利の大幅な低下の影響で、退職金の支払いに頭を悩ませている経営者の方からのご相談が多くなってきています。 退職金規程通りに計算すると大変な高額になってしまう従業員の退職金を「どうにかならないか!」という経営者の声をよく耳にします。
    しかし、退職金の減額や退職金制度の移行・廃止は、慎重にやらなければ、法的な問題も残り、やり方によっては会社にとって大きなダメージを残すことになります。
    退職金の支払いに伴うトラブルで書類送検された経営者の方も存在します。退職金というのは、一旦、退職金規程を作成してしまうと従業員に退職金を受取る権利を与えたことになりますので、一方的に廃止したり、減額することはできません。

  2. 当事務所は経営者の方とともに、今の退職金制度を徹底的に見直しながら、適正な額はどの程度か、本当に廃止すべきなのか、最適な移行方法はどれかをご提案いたします。
  3. 税制適格年金も早急に移行先を探さねばなりません。当事務所ではこの適年移行問題にも取り組み、さまざまな選択肢からの「制度移管」のお手伝いをいたします。

外資系企業に多い、退職時基本給完全連動型退職金について

  1. 外資系企業の退職金制度の多くが退職時基本給完全連動型となっています。この制度は、会社への貢献度の大小に係らず多額の退職金が支払われる点、退職時点に近づかないと正確な退職金額が計算出来ない点など多くの問題点があります。

  2. 外資系企業では、中途入社が多く、勤続年数は比較的短かったため、いままでは退職金の支払いもそれほど負担ではありませんでした。しかし、景気が低迷する中での転職意欲の低下により、勤続は長期化し、定年で退職するケースが多くなると、それに見合った準備や対策が必要となります。勤続年数係数は勤続年数が長くなるに従い急激に大きくなるため、支払う退職金の額も多額となります。

  3. 適格退職年金などの外部積立で退職金の準備をしている場合、運用環境の悪化から積立不足が発生し、企業が埋め合わせしなければならない債務が存在します。

  4. 制度見直しの時点まで、現行制度の退職金の「既得権」は聖域として保護されなければならないので、勤続年数の長い社員がいる会社で現状を放置しておくと、日々退職金債務が積みあがって来ます。退職金制度の見直しは早いほど有利です。問題を先送りしていますとそのツケは、より大きなものとなり、経営を揺るがしかねない問題となってしまいます。




退職金 Page Topへ

倉田国際労務管理事務所
〒143-0021 東京都大田区北馬込二丁目28−15−307
TEL 03-6429-7435 FAX 03-6429-7437
ご連絡・お問い合わせはこちら
Copyright © 2004-2010 Kurata International Labor Management Consulting.
All Rights Reserved.