Bilingual Certified Labor and Social Security Lawyer           英文就業規則・英文社内諸規則・英文雇用契約書ならおまかせください
lmconsul
HomeBlogProfileFAQContactEnglish Site Map Privacy Policy
Main Menu
就業規則
労務相談
労働・社会保険手続
英語サイトリンク
退職金制度
事務所概要
スタッフ紹介

バックナンバー
受付は
終了いたしました
英語による労働法制セミナーのご案内
「英語で学ぶ日本の労働法制セミナー」       日本における、解雇に伴うリスク、残業時間の問題を知る
2006年12月7日(木)
午後2時から午後5時
詳細はこちらです
English here

就業規則無料診断
好評につき期間延長
御社の就業規則を無料で診断いたします。



定年制度・雇用延長制度の見直しはお済みですか?
改正高年齢者雇用安定法は、2006年4月より施行されています。


個人情報保護法対策はお済みですか!


就業規則に関するよくあるQ&A


日英就業規則用語集をプレゼント。


士業リンクページです



英語、日本語就業規則サンプル

サンプルとして時間外および休日勤務、休職に関する規定例の英語、日本語部分を掲載しています。あくまでも見本としてご利用ください。

Japanese 日本語

第XX条(時間外および休日勤務)

  1. 第XX条およびYY条に関わらず、労働基準法第36条に示された手続きに基づき、従業員は会社の業務上の必要から所定勤務日の時間外勤務または休日勤務を要請される場合がある。従業員は正当な理由なくこれを拒むことが出来ない。
  2. 時間外勤務または休日勤務を行う場合は、上司から事前に要請または承認を受ける必要があり、所定の用紙でかかる勤務の報告書を作成し、上司に提出しなければならない。
  3. 時間外手当および休日勤務手当、ならびにこれらの手当を受け取る資格のある従業員は、別途定められた給与規程に従うものとする。

第XX条 (休職)

  1. 従業員が次の各号に該当するときは、所定の期間休職とする。
    1. 私傷病による欠勤が1ヶ月を超え、なお療養を継続する必要があるため勤務することができないと認められたとき   Xヶ月
    2. 私傷病により完全に業務の遂行ができず、その回復に相当の時間を要すると認められるとき               Xヶ月
    3. 前号の他、特別な事情があり休職させることが適当と認められるとき
                  必要な期間
                        
  2. 休職期間満了後の復職については、復職時の業務上の必要と本人の健康状況及び能力・経験等を勘案して、会社が担当職務及び職場を決定する。
  3. 第1項第1号または2号により休職の場合、会社は、通常の勤務に適する程度に回復したと会社の承認する医師が認めたとき、遅滞なく休職者に復職を命ずる。
  4. 第1項の規程にかかわらず、復職後2ヶ月以内に同一の事由により休職をする場合は前後の休職期間は通算する。
  5. 休職期間満了までに休職事由が消滅しない場合は自然退職とする。
  6. 休職期間中は原則として無給とする。ただし、会社が特別に認めた場合は有給とする場合がある。
  7. 休職期間中は原則として勤続年数に算入しない。ただし、会社が特別に認めた場合は勤続年数に算入する場合がある。

English 英語

Article XX. (Overtime and Work on Holidays)

  1. Regardless of Articles XX and YY, an Employee may be requested to work overtime on a scheduled work day or to work on a holiday as required for the Company’s business, based on the procedures outlined in Article 36 of the Labour Standards Law. An employee may not refuse these requests without valid reasons.
  2. The prior request or approval of the Employee’s supervisor must be obtained for any overtime or work on a holiday, and a report of such work must be prepared on a specified form and submitted to the supervisor.
  3. Premiums paid for overtime work, and work on a holiday, and the Employees who are entitled to receive the premiums are in accordance with the salary regulations set forth separately. Separate salary regulations shall stipulate premiums paid for overtime work and work on a holiday, and the Employees entitled to receive the premiums.

Article XX. (Leaves of Absence)

  1. Employees who fall within the following shall take a leave of absence for the prescribed period.
    1. When leave due to illness or injury exceeds 1 month and it is recognized that the employee cannot work due to the need to continue further treatment:       X months
    2. When the employee is completely unable to perform work due to personal injury or illness and it is recognized that the recovery will take a considerable time:       X months
    3. When there are special circumstances other than those in the preceding items and it is recognized that it is appropriate to have an employee take a leave of absence: The required period
  2. The company shall decide the appropriate duties and workplace for an employee's return to work following completion of a leave of absence, taking operational requirements at the time and the state of health, ability and experience inter alia of the person concerned into account.
  3. The company shall, where an employee takes a leave of absence pursuant to Items a or b of Paragraph 1, when a company-approved medical practitioner has recognized that the employee has recovered to the extent that they are fit for normal duties, order the employee to return to work without delay.
  4. Notwithstanding the provisions of Paragraph 1, where an employee takes a leave of absence on the same grounds within 2 months of returning to work, the earlier leave of absence period shall be added to the later leave of absence period.
  5. Where the grounds for the leave of absence have not resolved by the completion of the leave of absence period, the employee's employment shall automatically terminate.
  6. Periods of leave of absence shall, in principle, be unpaid. Provided, however, that the company may make leaves of absence paid in specially recognized situations.
  7. Periods of leave of absence shall, in principle, not be included in the calculation of years of service. Provided, however, that the company may include leaves of absence in specially recognized situations.





English Page Top



倉田国際労務管理事務所
〒143-0021 東京都大田区北馬込二丁目28−15−307
TEL 03-6429-7435 FAX 03-6429-7437
ご連絡・お問い合わせはこちら
Copyright © 2004-2010 Kurata International Labor Management Consulting.
All Rights Reserved.